CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「就活日記」 番外編 ”地下鉄 爆弾テロ遭遇!?” | main | ★〜速報〜★ 「つ、ついに ”内定” 舞い込む」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
本日! 最終面接 in Tokyo
階段

久々の就活。
大阪以来の就活。
大阪以来の東京駅。
今日もいろいろありました。
久々にスーツに袖を通しました。
大阪に行って以来ですね〜
今週はホント就活づけって感じで、毎日予定があります。
面接、面接の嵐です。

今日の会場は「東京」です。
東京駅に足を踏み入れたのは、これで何度目かなぁ〜
かなりの回数になってきたのは確かです!
もう東京駅は自分の庭のようです。
かなり道も詳しくなってきて、スイスイ〜歩けちゃいます。

今日は、なんと最終面接!!
ということで、かなり緊張してます。
って言うのはウソで、相変わらず「緊張」の二文字とは縁がないようです。
さて、それはともかく会社に到着した私。
受付を済ませた私は、その建物の1階の待合室で待たされることに。。

--- 数分後 ---

受付嬢:「準備が整いましたので、8階の方へ行ってください。」

私:「わかりました!」

かなり気合をいれて返答する私。

以前この会社に来た時、選考があった会場が3階だったんですよ。
その時は受付嬢が「階段をご利用ください。」とおっしゃっていたので、今回も階段を利用しなきゃって思ったんですよ。
でもよく考えてみると8階ですよ!!
しかし、ここで逆らったら不合格にされると思った私は階段を上ることに・・・

2階、3階、4階・・・・・

ここまでは久々の運動で、「やせるいい機会かも!」と前向きに考えていたわけですが、

5階、6階・・・・・・・・

「あ、ありえねぇ〜!!!」

面接前にバテちゃいましたよ。。
実はこの日の面接時間は、「1時間半」も予定されていて、体力そして精神力の勝負になる日だったんですよ!

もう、「大学の講義時間(90分)」「本日の面接時間」
っていう見事な数式が成り立っちゃうほどですよ!!

その前に、階段にやられるとは・・・
ホント計算外でした。。

しかし、この階段を「勝利への階段」と思い必死に上り続ける私。

7階・・・ そしてようやく「8階」!!!

階段を上りきると、そこに扉が姿を表しました。

ギィィィィ〜

重い音と共に、まるで長い間、誰も使っていなかったような雰囲気が漂ってくる扉を開ける私。

そして・・・・・・














女性社員:「か、階段で来たんですか!!!!!」













その女性社員は「エレベーター」の前で待っていてくださったようです。
だからきっと心の中では、

「遅いなぁ〜!!!」

「レディーを待たせるとは何事だ!!!」

って感じだったと思います。
※もちろん推測です(笑)

その後は、

女性社員:「エレベーターを使ってもよろしいんですよ!」

私:「はい、でも健康のために階段で。。」

女性社員:「そうなんですか(笑)」

私(心の中):「そういうことは、受付で言ってくださいよ〜」

私(心の中):「急激な運動は、逆に体に悪いよなぁ〜・・・」

呼吸は乱れ、鼻息荒げに「ハァハァ〜」いう私。
今日は涼しいはずなのに、ものすごい汗をかきました。。

そして、また待合室のようなところに案内されて待つことに。。
先ほどの女性社員の方は親切にも、待合室にクーラーを入れて下さったのでなんとか事なきを得ました。
たぶんあのままだったら面接の時に、ものすごい汗をかいた状態で臨まなければならず、笑顔ひとつなく暗い表情で面接していたと思います。

「エレベーターに感謝!!」

身をもって感じました。
| 今日の出来事 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
コメント
こんばんは、資格取得さん!
なんか物凄いやる気がでてきました!!!!
もう面接官なんて怖くないぞ〜 (゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
応援ありがとうございました。 ペコッ
| kyo(管理人) | 2004/04/14 1:33 AM |
面接官なんてたいした事ない、一人事部の人間です!
がんばれ!
| 資格取得! | 2004/04/14 12:24 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kyosuke.jugem.cc/trackback/60
トラックバック